ヒト組織・生体試料

当社は、16年間にわたり研究者のご要望に合わせて、高品質なヒト組織・生体試料(組織、血漿、血清、体液等)を提供しています。お客様の多様なご要望に対応するために、厳選したパートナー企業や医療機関のネットワークを経由し、バンキングされた臨床検体だけでなく、カスタム採取及び処理も行っています。

生体試料の形態

情報項目  
年齢 病歴
性別 医療歴
人種 マーカー情報
診断 (臨床) 死因 (解剖)
診断 (病理的) PMI (解剖)
採取日 ウイルス検査

上記は一般的な項目です。付属情報は、検体の種類や医療機関により異なります。付属情報の豊富な電子カルテ(EPR)紐づけ検体も提供しています。詳細はここをご参照ください。

生体試料の形態

試料 FFPE 凍結 OCT TMA 新鮮
組織
全血      
血漿/血清        
体液        
RNA/DNA        
単離細胞      

 

Custom Procurement

在庫に無いヒト組織・生体試料や特殊な処理を必要とする検体をお探しの場合は、当社のネットワークにて採取します。ドナーの選択・除外基準、付属情報、検体の処理方法などを含め、ご要望に合わせて目的のヒト試料をお届けします。

サービスの特徴

ヒト組織・生体試料の解析は、受託研究サービスとして行っています。お客様のニーズ・ご希望に応じて当社提携の企業もしくは医療機関で実施します。

  • 確立・バリデート済みの臨床検査は、CLIA/CAP認定の医療機関付属施設で実施。臨床検査と同じ手法で解析
  • 研究レベルのマーカーは、非CLIA/CAP認定の施設でも実施可能
  • 検査の手法は、免疫染色(IHC) / 病理解析、ISH、FISH、PCR、NGS、WB等

臨床検査一覧

約300種類の検査が実施可能です。

Assay List

一覧

当社は、ヒト組織(ヒトから採取した組織、血液、細胞、その他体液とそれらから抽出したRNA、DNA等のこと、以下「ヒト組織」という)並びにヒト組織の解析サービスを取り扱う企業として倫理的な責任を重く受け止めております。ヒト組織の調達及びヒト組織を使用した研究サービスの提供において、高い倫理的な基準を維持し、各関連法律及び規制に従うように最大限の努力を尽くしています。当社が調達しているヒト組織について以下のことを約束します。

  • ヒト組織の採取前に、医療機関倫理委員会(Institutional Review Board等)を含め全ての然るべき機関より、採取及び研究目的使用に対する承認を取得しています。
    ※ 採取地域の法律により、インフォームドコンセントのみの場合もあります。
  • 提供者自身または提供者の法的代理人により提供同意書に署名された後にヒト組織を採取しています(インフォームドコンセント取得済みのヒト組織である)。
    ※ 採取地域の法律により、倫理委員会の承認のみの場合もあります。
  • 提供者の個人情報を保護するための有効な手段を採用しています。

Informed Consent