ToxProfiler
最先端のin vitro毒性試験

ToxProfilerは、化合物または他の物質によって誘発される7種類の異なる細胞ストレス応答を正確に定量化できる独自のin vitro毒性プロファイリング技術です。ToxProfilerは、遺伝子組換えされたヒト肝細胞株のパネルで構成され、毒性の作用機構(MoA)の解明に役立ち、早期の安全性スクリーニングやin vivo実験での陽性データの考察に活用できます。

  • 定量化する細胞ストレス:1. 酸化ストレス、2. DNA損傷ストレス、3. 小胞体(ER)ストレス、4. オートファジー、5. イオンストレス、6. タンパク質ストレス、7. 炎症。このプロトコールにより、細胞毒性や有糸分裂誘発性も評価できます。
  • 使用する7つの細胞株にはGFP融合レポーター遺伝子が含まれており、その活性化が特定の細胞ストレス応答経路に関連しています。
  • すべてのレポーターは検証済みです。発現は生理的レベルであり、内因性の細胞ストレス応答を反映しています。
  • 受託研究サービスでは、4週間以内に少量の被検物質(薬物:1~5mg、化学製品:10~50mg)が解析可能です。

ToxProfiler-Detection

Toxys B.V.(オランダ)は、委託研究サービスとしてToxProfilerを提供しています。小分子、複雑な混合物、ナノ材料、その他の試験品は、短期間で評価できます。この技術は、社内使用に向けたライセンス取得も可能です。 詳しい情報については、当社までお問い合わせください。

お問い合わせ

ToxProfiler