免疫モニタリング

免疫モニタリングを目的としたEpiontisID技術は、独自のエピジェネティック・マーカーに基づいたアッセイテクノロジーです。臨床的な血液や組織サンプル中の免疫細胞の定量に使用されており、従来のフローサイトメトリー解析等に比較して様々なメリットがあります。受託研究サービスとして提供しています。

主な特徴

フローサイトメトリーとの相関性

  • 新鮮なサンプルは不要。凍結全血や凍結組織、FFPE標本での実施が可能
  • 微量検体で定量できる。例:300μLの血液で16種の細胞が定量可能
  • 免疫モニタリングの測定法として確立・容認されている。既に100以上の臨床試験からにおいて約68,000検体の測定実績
  • フローサイトメトリーとの相関性が高い
  • 異なる臨床試験からの検体でも比較可能
  • 特異性が高く、目的細胞のセルカウント情報も得られる。
  • ISO 17025認定/ ICH-GCP適合の施設にて測定

フローサイトメトリーとの相関性

アッセイ一覧

Tリンパ球 その他の免疫細胞 活性化と遊走マーカー その他
CD3 T cells B cells CXCR3 positive cells PD1 positive cells
CD4 T cells Naive B cells CCR6 positive cells LAG3 positive cells
CD4 naive T cells Memory B cells Granulysin positive cells PDGFRB positive cells
CD4 memory T cells Neutrophils CCR7 positive cells Col1A1 positive cells
CD8 T cells Eosinophils CRTH2 positive cells  
CD8 naive T cells Basophils S1PR1 positive cells  
Regulatory T cells Monocytes S1PR5 positive cells  
TH17 cells Non-classical monocytes Integrin 4 alpha positive cells  
TFH cells Natural killer cells    
GATA3 positive cells Monocytic myeloid-derived suppressor cells    
  Plasmacytoid dendritic cells    

※ 上記はヒトのアッセイ系ですが、サル等の動物にも適応できる場合があります。また、アッセイのカスタム開発も可能ですのでご相談ください。

測定可能な検体

血液関係 組織
全血 新鮮な組織
PBMC等の単離細胞 凍結組織
乾燥血液スポット(DBS) パラフィン包埋(FFPE)組織
血清作製時からの血餅 RNAlaterで保存した組織

血液検体の処理は、-20°Cで凍結するだけです。エピジェネティック・マーカーの安定性は高いため、基本的には-20°Cで保管された検体は、EpiontisID技術による解析期限がありません。全血は、どの抗凝血剤でも使用可能です。

技術概要

EpiontisID技術は、目的細胞特有の脱メチル化されたDNA配列をマーカーとしています。以下の図のように目的以外の細胞においては、同じ配列がメチル化されている状態となっています。まずは、検体からDNAを抽出しバイサルファイト変換(Bisulfite Conversion、略:「BiS変換」)をかけます。目的細胞のDNAは、マーカー領域の脱メチル化シトシン(C)はウラシル(U)に変換されますが、目的以外の細胞では、メチル化シトシンはそのまま残ります。シトシンがウラシルに変換された配列に結合するプライマーを利用してqPCRで目標細胞を定量します。EpiontisID技術の開発元はPrecision for Medicine GmbH社(ドイツ)です。