Epiontis ID 免疫モニタリング

免疫モニタリングを目的としたEpiontis ID技術は、独自のエピジェネティック・マーカーに基づいたアッセイテクノロジーです。臨床的な血液や組織サンプル中の免疫細胞の定量に使用されており、従来のフローサイトメトリー解析等に比較して様々なメリットがあります。受託研究サービスとして提供しています。

特徴

フローサイトメトリーとの相関性

  • 新鮮なサンプルは不要。凍結全血や凍結組織、FFPE標本での実施が可能
  • 微量検体で定量ができます。例:血液300μLより16種、75μLより4種の細胞が定量可能
  • 免疫モニタリングの測定法として確立されており、多くの製薬企業が利用している。既に100以上の臨床試験から約68,000検体の測定実績
  • 測定値は、フローサイトメトリーとの相関性が高い
  • 異なる臨床試験からの検体でも有意義な比較が可能
  • 特異性が高く、目的細胞のセルカウント情報も得られる。
  • ISO 17025認定施設にてICH-GCP適合の測定試験

フローサイトメトリーとの相関性

Epiontis IDアッセイ一覧

Tリンパ球 その他の免疫細胞 活性化と遊走マーカー その他
CD3 T cells B cells CXCR3 positive cells PD1 positive cells
CD4 T cells Naive B cells CCR6 positive cells LAG3 positive cells
CD4 naive T cells Memory B cells Granulysin positive cells PDGFRB positive cells
CD4 memory T cells Neutrophils CCR7 positive cells Col1A1 positive cells
CD8 T cells Eosinophils CRTH2 positive cells  
CD8 naive T cells Basophils S1PR1 positive cells  
Regulatory T cells Monocytes S1PR5 positive cells  
TH17 cells Non-classical monocytes Integrin 4 alpha positive cells  
TFH cells Natural killer cells    
GATA3 positive cells Monocytic myeloid-derived suppressor cells    
  Plasmacytoid dendritic cells    

※ 上記はヒトのアッセイ系です。サル等の動物にも適応できる場合があります。また、アッセイのカスタム開発も可能ですのでご相談ください。

検体について

測定可能な検体  
血液関係 組織
全血 新鮮な組織
PBMC 凍結組織
その他の単離細胞 パラフィン包埋(FFPE)組織
乾燥血液スポット(DBS) 鼻腔/口腔咽頭スワブ検体
血清作製時からの血餅 RNAlaterで保存した組織
検体量と定量可能な細胞種類数
検体種類 量(例) 細胞種類数
全血 300μL 16
全血 75μL 4
新鮮/凍結組織 1mg 4
PBMC 0.5 x 106 4
FFPE切片 1枚 4

検体の処理と保管

血液検体の処理は、-20°Cで凍結するだけです。エピジェネティック・マーカーの安定性は高いため、基本的には-20°Cで保管された検体は、Epiontis ID技術による解析期限がありません。全血は、どの抗凝血剤でも使用可能です。

技術概要

Epiontis ID技術は、目的細胞特有の脱メチル化されたDNA配列をマーカーとしています。以下の図のように目的以外の細胞においては、同じ配列がメチル化されている状態となっています。まずは、検体からDNAを抽出しバイサルファイト変換(Bisulfite Conversion、略:「BiS変換」)をかけます。目的細胞のDNAは、マーカー領域の脱メチル化シトシン(C)はウラシル(U)に変換されますが、目的以外の細胞では、メチル化シトシンはそのまま残ります。シトシンがウラシルに変換された配列に結合するプライマーを利用してqPCRで目標細胞を定量します。Epiontis ID技術の開発元はPrecision for Medicine GmbH社(ドイツ)です。

文献

関係論文(一部掲載)  
発表年 詳細  
2020 Epigenetically quantified immune cells in salivary glands of Sjögren’s syndrome patients: a novel tool that detects robust correlations of T follicular helper cells with immunopathology. Blokland et al. Rheumatology (Oxford). 2020;59(2):335-343 閲覧
2020 Treatment with rapamycin can restore regulatory T-cell function in IPEX patients. Passerini et al. J Allergy Clin Immunol. 2020 Apr; 145(4):1262-1271 閲覧
2020 Circulating immune cell composition and cancer risk: a prospective study using epigenetic cell count measures. Le Cornet et al. Cancer Res. 2020;80(9):1885-1892 閲覧
2019 Human LAP+GARP+FOXP3+ regulatory T cells attenuate xenogeneic graft versus host disease. Wang et al. Theranostics. 2019;9(8):2315-2324 閲覧
2019 Quantifying circulating Th17 cells by qPCR: potential as diagnostic biomarker for rheumatoid arthritis. Burska et al. Rheumatology (Oxford). 2019;58(11):2015-2024 閲覧
2018 Epigenetic immune cell counting in human blood samples for immunodiagnostics. Baron et al. Sci Transl Med. 2018 Aug 1;10(452) 閲覧
クライアントによるポスター
発表年 タイトル  
2019 Celgene/BMS (Phase 1 study for Ozanimod): Use of Epigenetic Cell Counting to Determine the Effect of Ozanimod on Circulating Leukocyte Subtypes in Patients With Relapsing Multiple Sclerosis. 依頼
2019 Eli Lilly (Phase 2 study for Mirikizumab): Effects on CD3, Treg, and TH17 Cell Numbers in Skin Biopsies After 16-Week Mirkizumab Treatment, Evaluated by an Epigenetic Assay. 依頼
2019 Nektar Therapeutics/Oncomed (Parallel use of flow cytometry and Epiontis ID in oncology): Interim Biomarker Analysis of Etigilimab (OMP-313M32), an Anti-TIGIT Antibody, in Advanced Solid Tumors Supports TIGIT-associated Mechanisms of Action. 依頼
2019 Nektar Therapeutics/Oncomed (Parallel use of flow cytometry and Epiontis ID in oncology): Selective Induction of Activated Regulatory T-Cells in Healthy Volunteers by NKTR-358, a Novel IL-2 Conjugate Treg Stimulator, in Development for the Treatment of Autoimmune Diseases. 依頼
その他の書類
タイトル  
To Flow or Not to Flow: Immune Cell Profiling in Translational Research(ホワイトペパー) 閲覧
Next Generation Immune Monitoring: Epiontis ID(カタログ) 閲覧