情報セキュリティ

当社の事業の中で取り扱う取引先等の情報資産は、経営基盤として極めて重要です。また、当社は漏洩、き損、滅失等のリスクから情報資産を保護することの重要性を認識しています。本方針を遵守し、情報資産の機密性、完全性、可用性といった情報セキュリティを維持するための活動として、ISO/IEC27001に基づいた情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を実践しています。基本方針は、以下の通り定めます。

1. 情報セキュリティポリシー

2. リスクアセスメント

情報資産を保護するために、情報セキュリティポリシーを策定し、これに従って業務を行うとともに、情報セキュリティに関連する法令、規制その他の規範、及び、取引先との契約事項を遵守いたします。

2. リスクアセスメント

情報資産に対して存在する漏洩、き損、滅失等のリスクを分析、評価するための基準を明確にし、体系的なリスクアセスメント方法を確立するとともに、定期的にリスクアセスメントを実施いたします。また、その結果に基づき、必要かつ適切なセキュリティ対策を実施いたします。

3. 情報セキュリティ体制

4. 監査及び改善

担当役員を中心とした情報セキュリティ体制を確立するとともに、情報セキュリティに関する権限および責任を明確にいたします。また、すべての従業者が、情報セキュリティの重要性を認識し、情報資産の適切な取り扱いを確実にするために、定期的に教育、訓練および啓発を行います。

4. 監査及び改善

情報セキュリティポリシーの遵守状況及び情報資産の取扱いについて、定期的に点検及び第三者による監査を行い、発見された不備や改善項目については、速やかに是正処置を講じます。

5. インシデントへの対応

6. マネジメントシステム

情報セキュリティ上のイベントやインシデントの発生に対する適切な処置を講じるとともに、万一それらが発生した場合に際して、起こりうる被害をあらかじめ、最小限に留めるための対応手順を確立し、有事の際には、速やかに対応するとともに、適切な是正処置を講じます。また、特に、業務中断に関わるようなインシデントについては、その管理の枠組みを確立し、定期的に見直しを行うことにより、当社の事業継続を確実にいたします。

6. マネジメントシステム

基本理念を実現するための目標を定めたISO/IEC 27001に基づいた情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を確立し、これを実行するとともに、継続的に見直し、改善を行います。

制定日:2018年11月21日
最終改正日:2020年7月10日
オーラス・バイオサイエンス株式会社
代表取締役 ルーリー・マックシーモイン