トランスポーター

Opti-ExpressionTMは、哺乳類細胞で構築されたトランスポーターアッセイの技術です。確立した100種類を超えるアッセイ系には、独自開発の複数トランスポーター同時発現モデルも含まれています。スクリーニングからIC50やVmax、Km値の算出まで幅広く応用ができ、研究のみならず薬事申請にも使用されています。

特徴

  • ヒトの生体内に近い極性をもつ哺乳類細胞を使用
  • 発現細胞に対応したコントロール細胞がある
  • アッセイ内、アッセイ間の再現性が高い
  • 複数トランスポーター同時発現系も可能
  • タンパク質の発現量が調整可能
  • 最短1カ月での新規アッセイ系確立

Opti-ExpressionTMアッセイの一例(腎輸送モデル)

multi_transporter_model

 

サンプルデータ

OCT1_substrate

A:神経毒の1-methyl-4-phenylpyridinium(MPP+)はOCT1の基質です。このデータは、RI標識MPP+の複数濃度でOCT1による取込みを測定した結果です。算出したKm値は文献と一致しています。

OCT1_inhibition

B:OCT1によるMPP+の取込みを阻害する3種類の化合物を評価した結果です。算出したシメチジン、キニジン及びベラパミルのIC50はそれぞれ569±210、 88.8±11.1及び18.9±1.5 μMでした。これらの値も文献と一致しています。

アッセイ一覧

単独トランスポーター発現 1  
名称 遺伝子名 2 標準基質 標準阻害剤 発現系  
ASBT SLC10A2 H Taurocholate NaCDC MDCK-II 詳細
ASC1 SLC7A10 H Glycine Serine MDCK-II 詳細
ASCT2 SLC1A5 H Glutamine Alanine MDCK-II 詳細
ATBO+ SLC6A14 H Leucine N-Ethylmaleimide MDCK-II 詳細
BAT1 SLC7A9 H Proline MDCK-II 詳細
BCRP ABCG2 H,R Multiple Multiple Multiple 詳細
BSEP ABCB11 H,R,D Taurocholate Rifampicin Vesicle 詳細
CAT1 SLC7A1 H Arginine Lysine MDCK-II 詳細
CAT2B SLC7A2 H Arginine MDCK-II 詳細
CAT3 SLC7A3 H Arginine Lysine MDCK-II 詳細
CHT SLC5A7 H Choline MDCK-II 詳細
CNT1 SLC28A1 H,R Uridine Adenosine MDCK-II 詳細
CNT2 SLC28A2 H,R Uridine Adenosine MDCK-II 詳細
CNT3 SLC28A3 H,R Uridine Adenosine MDCK-II 詳細
CRT SLC6A8 H Creatine 3-Guanidinopropionic acid MDCK-II 詳細
DAT SLC6A3 H Dopamine Venlafaxine MDCK-II 詳細
EAAT1 SLC1A3 H Glutamic acid Cysteic acid MDCK-II 詳細
EAAT2 SLC1A2 H Glutamic acid Cysteic acid MDCK-II 詳細
EAAT3 SLC1A1 H Glutamic acid Way-213613 MDCK-II 詳細
ENT1 SLC29A1 H Adenosine NBMPR MDCK-II 詳細
ENT2 SlC29A2 H,R Hypoxanthine Adenosine MDCK-II 詳細
ENT4 SlC29A4 H Multiple Decynium-22 MDCK-II 詳細
GAT1 SLC6A1 H GABA R-Nipetoic acid MDCK-II 詳細
GAT2 SLC6A13 H GABA R-Nipetoic acid MDCK-II 詳細
GAT3 SLC6A11 H GABA R-Nipetoic acid MDCK-II 詳細
GlyT1 SLC6A9 H Glycine Sarcosine MDCK-II 詳細
GlyT2 SLC6A5 H Glycine Org25543 MDCK-II 詳細
LAT1 SLC7A5 H Leucine JPH203 MDCK-II 詳細
MATE1 SLC47A1 H,R Metformin Cimetidine MDCK-II 詳細
MATE2K SLC47A2 H Metformin Cimetidine MDCK-II 詳細
MCT1 SLC16A1 H 2-Thiophene-glyoxylic acid Phloretin MDCK-II 詳細
MRP1 ABCC1 H Estradiol 17-ß-d-glucuronide Benzbromarone Vesicle 詳細
MRP2 ABCC2 H,R,M,D Estradiol 17-ß-d-glucuronide Benzbromarone MDCK-II 詳細
MRP3 ABCC3 H Estradiol 17-ß-d-glucuronide Benzbromarone Vesicle 詳細
MRP4 ABCC4 H Estradiol 17-ß-d-glucuronide Benzbromarone Vesicle 詳細
NET SLC6A2 H Dopamine Desipramine MDCK-II 詳細
NTCP SLC10A1 H Taurocholate NaCDC MDCK-II 詳細
OAT1 SLC22A H p-Aminohippurate Probenecid MDCK-II 詳細
OAT2 SLC22A7 H cGMP Indomethacin MDCK-II 詳細
OAT3 SLC22A8 H,M Multiple Probenecid MDCK-II 詳細
OAT4 SLC22A11 H Estrone 3-sulfate Indomethacin MDCK-II 詳細
OATP1A2 SLC21A3 H Estrone 3-sulfate Bromosulfo-phthalein MDCK-II 詳細
OATP1B1 SLCO1B1 H Estradiol 17-ß-d-glucuronide Rifampicin Multiple 詳細
OATP1B3 SLCO1B3 H Cholecystokinin-8 (CCK-8) Rifampicin Multiple 詳細
OATP2B1 SLCO2B1 H Estrone 3-sulfate Bromosulfo-phthalein CHO 詳細
OCT1 SLC22A1 H,R Multiple Quinidine MDCK-II 詳細
OCT2 SLC22A2 H,R,M,C Metformin Quinidine MDCK-II 詳細
OCT3 SLC22A3 H,R Multiple Lansoprozole MDCK-II 詳細
OCTN1 SLC22A4 H Ergothioneine Verapamil MDCK-II 詳細
OCTN2 SLC22A5 H Carnitine Verapamil MDCK-II 詳細
OSTα-OSTβ SLC51A1A1, SLC51A2 H TCA MDCK-II 詳細
PAT2 SLC36A2 H Glycine MDCK-II 詳細
PCFT SLC46A1 H Methotrexate Bromosulfophthalein MDCK-II 詳細
PEPT1 SLC15A1 H Gly-Sar Losartan MDCK-II 詳細
PEPT2 SLC15A2 H Gly-Sar Losartan MDCK-II 詳細
P-gp ABCB1 H,R Multiple Multiple Multiple 詳細
PROT SLC6A7 H Proline MDCK-II 詳細
RFC SLC19A1 H Methotrexate Bromosulfophthalein MDCK-II 詳細
SERT SLC6A4 H Serotonin Floxetine MDCK-II 詳細
SGLT1 SLC5A1 H Methyl α-D glucopyranoside Phlorizin MDCK-II 詳細
SGLT2 SLC6A4 H Methyl α-D glucopyranoside Phlorizin MDCK-II 詳細
SMVT SLC5A6 H Biotin Pantothenate MDCK-II 詳細
SNAT1 SLC38A1 H MeAIB Alanine MDCK-II 詳細
SNAT2 SLC38A2 H MeAIB Alanine MDCK-II 詳細
TAUT SLC6A6 H GABA β-alanine MDCK-II 詳細
THTR1 SLC19A2 H Thiamine Amprolium MDCK-II 詳細
THTR2 SLC19A3 H Thiamine Amprolium MDCK-II 詳細
URAT1 SLC22A12 H Uric Acid Benzbromarone MDCK-II 詳細
xCT SLC7A11 H Glutamic acid Sulfasalazine MDCK-II 詳細
複数トランスポーター同時発現 1
構成 2 標準基質 標準阻害剤 関連性  
OAT3 / BCRP H Methotrexate Probenecid 腎輸送 詳細
OAT3 / MRP2 H p-Aminohippurate Probenecid 腎輸送 詳細
OCT2 / MATE1 H Metformin Cimetidine 腎輸送 詳細
OCT2 / MATE2K H Metformin Cimetidine 腎輸送 詳細
OCT2 / MATE1 / MATE2K H Creatinine Cimetidine 腎輸送 詳細
OCT2 / OCT3 / MATE1 H Creatinine Cimetidine 腎輸送 詳細
OAT2 / OCT2 / OCT3 / MATE1 / MATE2K H Creatinine Cimetidine 腎輸送 詳細
OATP1B1 / BCRP H Estrone-3-sulfate KO143 肝輸送 詳細
OATP1B1 / MRP2 H Estraiol 17-ß-d-glucuronide MK571 肝輸送 詳細
OATP1B1 / NCTP / BSEP H Taurocholate Rifampicin 肝輸送 詳細
OATP1B3 / BCRP H Bromosulfophthalein CCK-8 肝輸送 詳細
OATP1B3 / P-gp H Quinidine, CCK-8 Verapamil 肝輸送 詳細
OATP1B3 / MRP2 H Bromosulfophthalein CCK-8 肝輸送 詳細
OCT1 / MATE1 H Metformin Cimetidine 肝輸送 詳細
OATP1A2 / MDR1 H Almotriptan Sumatriptan 血液脳関門 詳細

1: カスタム依頼でのアッセイ構築も可能
2: H=ヒト、R=ラット、M=マウス、D=イヌ、C=カニクイザル

 

技術概要

  1. 哺乳類細胞に目的トランスポーターの遺伝子を導入し、一過性発現させます。Opti-ExpressionTMによる導入は、効率が80%以上であり、再現性も良好です。画像①は、OCT1-GFPの融合遺伝子を導入したMDCK-II細胞を示します。
  2. トランスポーターを発現させた細胞は、半透膜の上に単層培養します。アッセイの仕組みはトランスポーターによって異なりますが、基質の細胞内蓄積や培地への排出といったパラメーターを測定します。Opti-ExpressionTMは、5種類のトランスポーターまで同時発現が可能です。
  3. 被験物質の評価は、二通りがあります:1.被験物質がトランスポーターの基質か否かの評価、2.被験物質がトランスポーターの輸送機能を阻害するか否かの評価です。
  4.  

受託研究サービス

開発元のBioIVT社(米国)は、Opti-ExpressionTMに基づいたトランスポーターアッセイを受託研究サービスとして提供しています。2007年より1,000件以上の受託実績があり、そのデータが薬事申請の参考資料としても利用されています。新規アッセイの確立や既存アッセイのカスタマイズも可能です。ご要望に合わせて試験デザインや結果の解釈についてコンサルティング及びノウハウをご提供いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ