個人情報の保護

当社は、事業である創薬・製薬支援の事業体として、また社会に寄与する企業として個人情報を適切に取り扱うことの重要性を認識し、個人情報を保護するための方針を定め、役員及び従業員が一体となってこれを尊守し、これをもって個人情報保護の万全を尽くしてまいります。個人情報に関する基本方針を以下の通り定めます。

1. 個人情報の定義

2. 情報の保護と法令遵守

個人情報とは、当社の取引先(創薬支援企業、製薬企業・バイオベンチャー企業、医療機関、大学、官公庁研究機関等)から提供され、かつ個人を識別できる情報のことを意味します(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む)。この限りではありませんが、機関名、部署名、住所、氏名、電話番号、メールアドレス、役職、資格、お問い合わせ内容等の情報です。

2. 情報の保護と法令遵守

当社が管理する個人情報は、漏洩、毀損及び滅失を防止するため、ISO/IEC 27001に基づいた情報セキュリティマネジメントシステムに準じて取り扱います。また、個人情報の取扱いにおいて関連する法令、国が定める指針その他の規範を遵守致します。

3. 利用目的

4. 第三者への非開示

当社が取得した個人情報は、以下に明示した利用目的にのみ利用し、ご本人の同意を得ることなく目的以外に利用することはありません。なお、この範囲に含まれていない目的での利用の必要が生じた場合、ご本人へ利用目的について同意を得たうえで、利用します。

  • お問合せについてのご回答及びご連絡のため
  • 商品販売や委託研究プロジェクトの管理
  • 当社が有用な可能性があると判断した情報の提供(営業活動)
  • 取引先情報の管理
  • 雇用及び人事の管理

4. 第三者への非開示

当社は、以下に該当する場合を除き、取得した個人情報を第三者に開示または提供することはありません。

  • 本人の同意がある場合
  • 個人の識別できない状態(匿名加工情報)にした場合
  • 法令等により個人情報の開示が求められた場合

なお、ご本人の同意の下で個人情報を第三者に開示する場合、その第三者と守秘義務を含む秘密保持契約を締結します。

5. 個人情報の開示等に関する請求

6. 個人情報の提供の任意性

当社は、保有の個人情報(開示対象個人情報)について、利用目的の通知、開示、訂正、追加又は削除、利用の停止、消去又は第三者への提供の停止を求められたときは、遅延なくこれに応じます。その場合、まずは当社へご連絡ください。

6. 個人情報の提供の任意性

個人情報の提供は任意です。ただし、必要な個人情報を提供いただけない場合、適切な情報もしくはサービスを提供できない可能性があります。

7. ウェブサイトの閲覧履歴

8. 変更

当社のウェブサイトにアクセスされた際に、下記の情報が統計学的なデータとして自動的に取得されますが、個人が識別できるような情報は一切含まれていません。

  • 利用端末、IPアドレス、ドメイン
  • 利用環境(OSの種類、ブラウザー名、言語設定等)
  • ウェブサイト内での閲覧記録

8. 変更

個人情報の取り扱いにつきましては、従うべき法令の変更などに合わせて、上記各項目の内容を適宜見直し、改善してまいります。また、必要に応じて、個人情報保護法や個人情報の取り扱いについて「個人情報保護委員会」(https://www.ppc.go.jp)に相談します。

9. お問い合わせ

ご不明な点、ご相談等がありましたらお気軽に当社までお問い合わせください。連絡先は本ウェブサイトの「お問い合わせ」ページに記載されています。

 

お問い合わせ

制定日:2015年7月1日
最終改正日:2019年4月8日
オーラス・バイオサイエンス株式会社
代表取締役 ルーリー・マックシーモイン