ToxTracker®

ToxTracker®は、化学物質や薬物の潜在的な発がん性を同定するとともに、遺伝毒性のメカニズムに関する情報を得ることができる、独自の in vitro 技術です。本技術は、レポーター遺伝子を有する6種類の哺乳類幹細胞株に基づいたシステムで、製薬や化学業界などで広く使用されています。ToxTracker®はOECD承認のためのバリデーションを実施中です。

特徴

  • 遺伝毒性のメカニズムを同定:DNA損傷、酸化ストレスもしくはタンパク質ダメージ
  • 正確度が高い。感度:94%、特異度:95%
  • 薬事 in vitro 及び in vivo アッセイ(エームスやMN試験等)結果の予測力が高い
  • 微量(10~100mg)の被験物質で評価可能
  • 既知の発がん性・非発がん性化合物を含むライブラリーに対して検証済み
  • 最短で3日間でデータが取得可能
Bscl2-GFP

      ToxTracker®のToxBscl2-GFP細胞株

技術概要

ToxTracker_Overview.png

A. ToxTracker®は、6種類の哺乳類幹細胞株を利用しており、それぞれ独自のGFP融合レポーター遺伝子が導入されています。各レポーター遺伝子は特定の毒性メカニズムの代表するバイオマーカーとなっています。レポーター遺伝子の発現誘導レベルに応じ蛍光強度が強くなります。このため、誘導されたレポーター遺伝子の種類及び発現レベルにより、DNA損傷、酸化ストレス、タンパク質ダメージ及びp53活性化を介した一般的な細胞ストレスが区別できます。

B. 親細胞株で用量設定試験を行った後に、レポーター細胞株に5段階に希釈した被験物質を暴露させ、S9分画有りと無しの条件下で24時間にわたり培養します。暴露後にレポーター遺伝子の発現レベルを測定し、データの解析から毒性のメカニズムを推測します。各試験には、毒性メカニズムが知られているコントロール化合物を含みます。

プロトコール

次の動画はToxTracker®プロトコールの詳細を説明します。

サンプルデータ

ToxTracker_Specificity

6種類のレポーター細胞株はそれぞれDNA損傷(赤)、一般的な細胞ストレス(黒)、酸化ストレス(青)およびタンパク質ダメージ(緑)に対して特異的に応答します。被験物質によるレポーター遺伝子の発現誘導はフローサイトメーターで測定します。また、被験物質の細胞毒性も測定します。

 

ToxTracker_Heatmap.

ToxTracker®データは、独自のToxPlotソフトウェアにより分かりやすいヒートマップで表示されます。レポーター遺伝子の発現レベルは特定の細胞毒性(通常、10%、25%もしくは50%)で示します。また、被験物質及びコントロール化合物によるレポーター遺伝子の発現レベルと比較します。※ 委託研究の場合

 

ToxTracker_Results_Summary

各被験物質の最終的な結果及び判定を簡単な表にまとめます。また、報告書では、被験物質によるレポーター遺伝子の発現誘導レベル、コントロール化合物との比較、毒性に関する推測等について詳細に記載します。※ 委託研究の場合

ToxTracker® ACE

ToxTracker® ACE(Aneugen Clastogen Evaluation)とは、ToxTracker®と倍数性解析を組み合わせた解析方法であり、染色体構造異常誘発物質(Clastogen)及び異数性誘発物質(Aneugen)の区別が可能となります。また、チューブリン重合阻害剤及び細胞周期関係キナーゼの阻害剤を同定できます。

染色体構造異常誘発物質

  • Bscl2とRtknが誘導される
  • S期での細胞周期停止
  • 倍数性なし

異数性誘発物質 / チューブリン重合阻害剤

  • Rtknのみが誘導される
  • G2/M期での細胞周期停止
  • 倍数性あり

異数性誘発物質 / キナーゼ阻害剤

  • Bscl2もRtknも誘導なし
  • 細胞周期がG2/M期で停止
  • 倍数性あり
ToxTracker_ACE

ToxTracker® AO

高レベルの酸化ストレス及び活性酸素種(reactive oxygen species; ROS)の産生は、間接的な遺伝毒性をもたらす場合があります。ToxTracker®AO(AntiOxidant)では、被験物質の遺伝毒性における酸化ストレスの依存度を調べるために、ToxTracker®をROSスカベンジャーの存在下で実施します。DNA損傷、酸化ストレス及び細胞毒性を解析することにより、被験物質の直接的なDNA損傷ならびに、酸化ストレスを経由した間接的な遺伝毒性を区別できます。

ToxTracker_AO

上記の試験では、ToxTracker®AOでメタンスルホン酸メチル(methyl methanesulfate;MMS)及び臭素酸カリウム(KBrO3)を評価しました。2つの化合物は、各々DNA損傷(遺伝毒性)及び酸素ストレスをもたらしました。一方、ROSスカベンジャー(NAC)の存在下において、両化合物とも酸素ストレスは減少されましたが、DNA損傷の減少はKBrO3のみで起こりました。このデータよりMMSによるDNA損傷はROSに依存しませんが、KBrO3によるDNA損傷は部分的にROSに依存していると考えられます。※ ToxTracker® では、2倍の発現誘導が陽性としており、上記の図では赤い線で表しています。

ToxTracker® の利用

Toxys B.V.社(オランダ)がToxTracker®を独自開発し、受託研究サービスとして提供しております。試験のデザインはお客様のニーズに合わせて修正可能です。すでに、1,000種類以上の化合物等がToxTracker®にて評価されています。また、キットもしくは技術ライセンシングによりToxTracker®はお客様の施設でも利用可能です。詳しい情報については、当社までお問い合わせください。

お問い合わせ

文献

Toxys社発表の論文  
発表年 詳細  
2020 Aneugen Versus Clastogen Evaluation and Oxidative Stress-Related Mode-of-Action Assessment of Genotoxic Compounds Using the ToxTracker Reporter Assay. Brandsma, I et al.  Toxicol. Sci. 177, 202–213 閲覧
2020 ToxTracker Reporter Cell Lines as a Tool for Mechanism-Based (geno)Toxicity Screening of Nanoparticles-Metals, Oxides and Quantum Dots. McCarrick S et al. Nanomaterials (Basel). 2020 Jan 6 閲覧
2020 Application of the adverse outcome pathway framework to genotoxic modes of action. Environ Mol Mutagen. Sasaki et al. 2020 Jan 閲覧
2019 High variability in toxicity of welding fume nanoparticles from stainless steel in lung cells and reporter cell lines: the role of particle reactivity and solubility. McCarrick S et al. Nanotoxicology. 2019 Aug 16:1-17 閲覧
2019 The mechanism-based toxicity screening of particles with use in the food and nutrition sector via the ToxTracker reporter system. Brown DM et al. Toxicol In Vitro. 2019 Jul 4 閲覧
2018 Genotoxic and mutagenic properties of Ni and NiO nanoparticles investigated by comet assay, γ-H2AX staining, Hprt mutation assay and ToxTracker reporter cell lines. Åkerlund E et al. Environ Mol Mutagen 2018 閲覧
2017 Good cell culture practices & in vitro toxicology Toxicol In Vitro. Eskes C et al. 2017 Apr 24 閲覧
2016 The Vitotox and ToxTracker assays: A two-test combination for quick and reliable assessment of genotoxic hazards. Ates G et al. Mutat Res. 2016 Nov 1;810:13-21 閲覧
2016 Emerging metrology for high-throughput nanomaterial genotoxicology. Nelson BC et al. Mutagenesis. 2016 Aug 26. pii: gew037 閲覧
2016 The Extended ToxTracker Assay Discriminates Between Induction of DNA Damage, Oxidative Stress, and Protein Misfolding. Hendriks G et al. Toxicol Sci. 150, 190–203. 閲覧
2014 Mechanism-based genotoxicity screening of metal oxide nanoparticles using the ToxTracker panel of reporter cell lines. Karlsson, HL et al. Part Fibre Toxicol 11, 41. 閲覧
2013 Cellular-signaling pathways unveil the carcinogenic potential of chemicals. Hendriks, G et al. J Appl Toxicol 33, 399–409 閲覧
2012 The ToxTracker assay: novel GFP reporter systems that provide mechanistic insight into the genotoxic properties of chemicals. Hendriks, G et al. Toxicol. Sci. 125, 285–298 閲覧
2011 Sensitive DsRed fluorescence-based reporter cell systems for genotoxicity and oxidative stress assessment. Hendriks, G et al. Mutat Res 709-710, 49–59. 閲覧
第三者による論文  
発表年 詳細  
2020 A next generation risk assessment case study for coumarin in cosmetic products. Baltazar MT et al. Toxicological Sciences. 2020 Apr 4 閲覧
2018 Mechanistic insight into reactivity and (geno)toxicity of well-characterized nanoparticles of cobalt metal and oxides. Cappellini et al. Nanotoxicology. 2018 Aug 12 閲覧
2016 An integrative test strategy for cancer hazard identification. Mirjam et al. Critical Reviews in Toxicology, 46:7, 615-639 閲覧
Toxys社ポスター
発表年 タイトル 学会  
2019 Combining a genotoxin-specific qPCR method with the ToxTracker to evaluate the genotoxic potential of high priority printed paper and board food contact material substances. EEMGS 依頼
2019 Young Scientist Posters Award | Extension of the ToxTracker reporter assay for classification of compounds with a clastogenic or aneugenic mode of action. UKEMS 依頼
2019 Extension of the ToxTracker reporter assay for classification of compounds with a clastogenic or aneugenic mode of action. SOT 依頼
2019 Development of a stem cell-based reporter assay for DART assessment. SOT 依頼
2019 Adaptation of the ToxTracker reporter assay for the genetic toxicology assessment of petroleum products. SOT 依頼
2018 The ToxTracker reporter assay detects indirect genotoxicity caused by high levels of oxidative stress. Eurotox/UKEMS 依頼
2018 Development of a stem cell-based reporter assay for in vitro DART assessment. Eurotox 依頼
2018 The ToxTracker as a tool for mechanism based (geno)toxic screening of nanoparticles. UKEMS 依頼
2018 Genotoxicity assessment of Antimony compounds using the ToxTracker assay. SOT 依頼
2018 The ToxTracker reporter assay detects indirect genotoxicity by high levels of oxidative stress. SOT 依頼
2018 Validation of the ToxTracker reporter assay for genetic toxicology assessment of petroleum products. SOT 依頼
2018 Interlaboratory validation of the ToxTracker genotoxicity reporter assay. SOT 依頼
2018 Genotoxicity assessment of Antimony compounds using the ToxTracker assay. SOT 依頼
2017 Development of a stem cell-based reporter assay for in vitro DART assessment. Eurotox 閲覧
2017 Application of the ToxTracker reporter assay in a mode of action approach for genetic toxicology assessment. Eurotox 閲覧
2017 Use of Multiparametric Mode of action approached for Genetic Toxicity assessment: ToxTracker reporter cell lines versus gene array analysis. SOT 閲覧
2017 Application of the ToxTracker reporter assay in a mode of action approach for genetic toxicology assessment. SOT 閲覧
2017 Validation of the ToxTracker reporter assay for the genetic toxicology assessment of petroleum products. SOT 閲覧
2017 Mechanism-based genotoxicity screening of nanomaterials using the ToxTracker panel of reporter cell lines. SOT 閲覧
2016 The novel ToxTracker reporter system provides mechanistic insight into the genotoxic properties of compounds and materials. GTA/EMGS 閲覧
2015 Mechanistic toxicity profiling of chemicals and nanomaterials by combining the ToxTracker genotoxicity assay and MiToxView mitochondrial toxicity assay. Eurotox 閲覧