単球活性化試験 (MAT)

CTL-MAT Kitは、ヒトPBMCを使用した単球活性化試験(MAT: Monocyte Activation Test)に基づいた、発熱性物質のIn vitro定量キットです。エンドトキシンのみならず、すべてのヒト発熱性物質の検出など、LAL法やウサギを用いた発熱性物質試験(RPT法)の従来技術に比べると、様々な利点があります。本キットは、GMPバッチリリーステストに使用できるものとして、欧州薬局方2.6.30(Ph. Eur. 2.6.30)に準拠しています。Ph. Eur. 2.6.30準拠のPBMCも単独で販売しています。

特徴

  • 欧州薬局方2.6.30(Ph. Eur. 2.6.30)に準拠
  • エンドトキシンならびに非エンドトキシン発熱性物質を検出・定量
  • 高感度で再現性よく検出可能
  • 単核細胞(PBMC)のロットサイズが大きい(約2,000バイアル/ロット)
  • 厳格なQCによりロット間のバラつきが少ない
  • 様々な医薬品のバッチリリーステストに使用可能:生物製剤、化学療法、免疫抑制薬、細胞医薬品、ワクチン、血液製剤、医療機器等
MAT_Kit

試験の仕組み

MAT_Technology_Overview

  1. 被験物質を、ヒト単核細胞(PBMC)と一緒に20時間培養します。被験物質に含まれている発熱性物質は単球細胞に刺激を与え、培地へのインターロイキン6(IL6)放出を促進します。培養終了後にELISA法を用いて培養上清液のIL6濃度を測定します。
  2. CTL-MAT キットを用いた、EDQM(欧州医薬品品質部門) の標準エンドトキシン(LPS)に対する用量反応曲線データです。欧州薬局方の規制に従って、各条件を4回で実施しました。これらの結果は、キットのバラつきが少なく、感度が高いことを示しています。詳細な検証については、次の論文をご参照ください:An improved monocyte activation test using cryopreserved pooled human mononuclear cells. Shabnam Solati et al. Innate Immun. 2015 Oct;21(7):677-84.

従来試験法との比較

比較項目  
MAT(PBMC)
MAT(細胞株) LAL法 RTP法
薬事関係 EP 2.6.30準拠 × × ×
検出可能な
発熱性物質
全てのヒト発熱性物質 × × ×
エンドトキシン (ET)
非ET発熱性物質 × ×
ウイルス、酵母、カビ × ×
アッセイ性能 再現性 ×
感度 (EU/ml) 0.004 0.05 0.005 0.5
定量性 ×
時間・費用効果 × ×

再現性

Intra-batch Reproducibility
Inter-batch Reproducibility

同一のPBMCロット(A)または異なったPBMCロット(B)からバイアルをランダムに選択し、EDQM(欧州医薬品品質部門)の標準エンドトキシン(LPS)に対する用量反応曲線を作製したデータです。この結果は、キットに用いる細胞のロット内及びロット間の再現性が優れていることを示しています。

製品情報

製品一覧        
商品番号 分類 商品名 内容 保存
CTL-MAT-001 キット MAT-Test Kit (4 donor pool) 以下参照 以下参照
CTL-MAT-002 キット MAT-Test Kit (8 donor pool) 以下参照 以下参照
CTL-MAT-PE4 PBMCのみ MAT-PBMC, 4 donor pool 5 x 106 -150℃
CTL-MAT-PE8 PBMCのみ MAT-PBMC, 8 donor pool 5 x 106 -150℃
CTL-MAT-PE1 PBMCのみ MAT-PBMC, 1 donor pool 5 x 106 -150℃

 

キット内容

部品 項目 単位 保管
A 96 well plate Plate x 1 RT
B IL-6 ELISA kit Reagents x 1 set +4℃
C Medium A 1.8ml x 1 vial -20℃
Medium B 50ml x 1 bottle -20℃
EDQM LPS 2,000 EU/ml x 50uL -80℃
D PBMCs 1 vial -150℃

1: 長期保存の場合。-80℃で3カ月保存可能です。

キットには、標準エンドトキシンを含めて、単球活性化試験に必要な試薬が全て含まれています。1キットで2種類の被験物質が測定可能です。複数のキットを同時に使用する場合、2つ目以上のキットはコントロールをおく必要がないため、1キットにつき3種類の被験物質が測定可能です。

受託研究サービス

CTL-MATキットの提供元であるMAT BioTech B.V.社(オランダ)は、欧州及び米国のGMP適合施設にて単球活性化試験の受託研究サービスを提供しています。詳細につきましてお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

Mat Services