ヒト膵島

糖尿病研究に有用なヒト膵島。当社は、米国で単離された新鮮なヒト膵島を高品質な状態で日本国内の研究者様にお届けしています。また、培養中に膵島の機能性を維持するための専用培地や、輸送のダメージから膵島を守るための専用培地等、独自開発の膵島用培地を取り揃えています。

単離元

 

Prodo Laboratories社(以下ProdoLab社)は、研究用ヒト膵島を専門にしている米国企業です。自社内での膵島単離は、年間50回におよび、14年間での累計実績は700回を超えています。 同社は、ヒト膵島を使用した受託研究サービスも提供しています。また、独自の膵島専用培地を開発、製造しています。

 

右画像:ProdoLab社で単離されたヒト膵島のジチゾン染色。

 

 

提供概要

ドナー 健常人または糖尿病患者
ドナー情報 年齢、性別、人種、BMI、血液型、Hgb A1c、死因
主なQC試験 生存率、純度、個数、Compactness(緊密性)。お客様の依頼によりGSIS 評価も実施可能
安全性 ドナーはHIV1/2、HBV、HCV陰性確認済み
輸送形態 新鮮(生きている状態)または凍結  ※ 凍結は培養不可
倫理 インフォームド・コンセントを含め、厳格な倫理基準に基づきヒト試料を調達

PIM培地

PIM培地は、膵島専用の培地シリーズであり、膵島の培養や輸送に有用です。従来培地とは異なり、膵島に対して毒性がなく、数週間の培養にわたって膵島の構造及び機能を維持します。PIM培地は200以上の成分で構成されており、動物由来タンパク質及び成長因子は含まず、グルコ―ス濃度が5.8mMとなっています。また、cGMPレベルで製造しています(FDA登録番号: IND-15016)。

PIM培地セット
商品番号 商品名 構成
EP-9011 PIM (S) セット PIM(S) + PIM(G) + PIM(ABS)  x 各1
EP-9012 PIM (T) セット PIM(T) + PIM(G) + PIM(ABS)  x 各1
EP-9013 PIM (R) セット PIM(R) + PIM(G) + PIM(ABS)  x各1
EP-9014 PIM (3X)セット PIM(S) セット + PIM(3X)  x 各1

各PIM培地・サプリメントについて

培地名 用途 量(1本) 保存 商品説明
PIM(S) 標準の培地であり、膵島が最長21日間まで培養可能 500ml 冷蔵 カタログ
PIM(T) 輸送時に膵島の生存と機能性を維持 500ml 冷蔵 カタログ
PIM(R) 輸送後に膵島の回復に有用(使用は膵島の状態次第) 500ml 冷蔵 カタログ
PIM(G) PIM培地に必要なサプリメント。グルタミンとグルタチオン含有 5ml 冷凍 カタログ
PIM(ABS) PIM培地に必要なサプリメント。膵島との適合性を確認した血清 25ml 冷凍 カタログ
PIM(3X) PIM培地のオプション。3種類の抗生物質含有 6ml 冷凍 カタログ

 

サンプルデータ

以下のデータは、PIM培地と従来のMiami 1A培地との性能比較(37ºC培養で7日間後の試験結果)を示しています。グルコース応答性、純度、緊密性、インシュリン含量等の各評価において、PIM培地の方が膵島の性能をよりよく維持できています。

 

 

膵島以外の膵臓由来細胞

ProdoLab社は次の通り膵島以外のヒト膵臓由来細胞も提供しています:

試料名 推薦培地 培養期間
ヒト膵腺房細胞(Acinar cells) PIM(R) 配達後、最長2-5 日
ヒト膵管上皮細胞(Duct epithelial cells) PIM(S) 配達後、約2週間

※ 細胞を凍結した状態でも発送可能です。但し、この場合、培養は不可となります。

受託研究サービス

ProdoLab社は自社内で単離した新鮮なヒト膵島を用いた受託研究サービスを提供しています。2006年の設立以来、多数のお客様の化合物をGlucose Stimulated Glucose Excretion (GSIS)アッセイ等にて評価してきました。測定可能なエンドポイントはインシュリン、プロインシュリン、グルカゴン、C-ペプチド、ソマトスタチン等です。